外壁塗装をすればマイホームを強化することが可能

一軒家

ALCパネルの塗装

ペンキ

特徴を生かした塗料を選ぶ

愛知県内で建てられた一戸建て住宅には、ALCパネルという壁材が多く使われています。愛知県と言えば、南海トラフ地震で被害が大きくなる地域に指定されています。このような事もあり愛知県内では、耐震性という所に重点を置き、一戸建て住宅を建てる方が多いのです。ALCパネルは耐震性が高い壁材として知られています。この壁材は軽い素材で作られている事もあり、地震が起こった際に建物への負荷を減らす効果があるのです。ただし、耐震性に優れていると言われるこのALCパネルは水に弱いという性質を持っています。水に弱いという事は雨や湿気によるダメージを、受けやすいという事に繋がります。ALCパネルは外壁塗装のメンテナンスを怠った場合、ダメージが大きくなるので注意が必要です。逆に言えばALCパネルも外壁塗装を定期的に行えば、雨や湿気によるダメージを受け難い状態をキープ出来ます。愛知県内の業者に外壁塗装を依頼する際は、ALCパネルの特性を生かした施工を行ってもらいましょう。外壁塗装ではまず下地材を塗った後に、塗料を塗るのが基本です。ALCパネルの場合は軽くする為に、細かい気泡がたくさん開けられているので、この穴を下地で埋める必要があります。穴から湿気が入り込みやすくなるので、下地材は高粘度のものを使う事がおすすめです。また、水に弱いという特性があるALCパネルには、防水性の高い塗料を選ぶのも基本です。愛知県内では、水性のシリコン系塗料が多く選ばれています。